結婚式二次会・1.5次会専門カメラマン フォトモのブログ
2015.11.10

これでカンペキ!結婚式で新郎にサプライズする5つの方法!

新郎にサプライズ結婚式をされる方の中には、サプライズ好きの方も多いのではないかと思います。新郎へサプライズをしたい!と考えている新婦のために、簡単にできるサプライズから少し手の込んだサプライズまで5つの方法をご紹介いたします!

1.ファーストバイトでBIGスプーンを使用する

ファーストバイトとは?

最近のご結婚式ではケーキ入刀の後に『ファーストバイト』と呼ばれるイベントを行うことが多くなってきました。

ファーストバイトとは、最初に新郎から新婦へ、次に新婦から新郎へケーキを食べさせ合うもので、新郎から新婦に食べさせるケーキには『一生食べるものに困らせないからね』新婦から新郎に食べさせるケーキには『一生おいしいものを作ってあげるからね』という意味が込められています。

新郎には秘密で担当のプランナーに…

そのファーストバイトでは、新婦から新郎へのバイトでBIGスプーンが使用されることがお約束のようになってきました。大きいスプーンでたくさんケーキをすくい、顔中クリームだらけになる新郎の姿というのがゲストの方も楽しんでくれるようです。
ご披露宴の進行のお打ち合わせでは、「BIGスプーンを使用するかどうか」ということが担当プランナーから聞かれると思います。もしこのBIGスプーンをサプライズにするのであれば、新郎と一緒にいる時点では「使いません」と答え、あくまでも普通にファーストバイトをする、もしくはファーストバイト自体をしないというように希望します。
ですが、1人の時などに担当プランナーに、「サプライズでBIGスプーンに変えて欲しい」と電話等で伝えると、それだけでサプライズになります。

しゃもじやスコップで新郎にサプライズ

BIGスプーンはもうよく目にするようになってきましたので、持ち込みでしゃもじや小さいスコップなどを用意して少し変わったファーストバイトにするのも良いかもしれませんね。

2.新婦の手紙朗読に新郎宛ても用意する

新郎宛のお手紙でサプライズ

ご披露宴の結びには、新婦からご両親へのお手紙朗読というものがあります。そのお手紙を読み終えた後に新郎に宛てたお手紙も朗読するというサプライズです。
お手紙とは普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えることができる良いものです。ほとんどのご披露宴では新婦の手紙=ご両親に向けてというイメージですので、ここにご新郎様宛てを持ってくると驚き、感激してくれるのではないでしょうか。
これもお金がかからず、とても簡単にできるサプライズになります。担当プランナーにそういう時間を作りたいと思っていることを相談してみましょう。きっと応援してくれるはずです。

3.新郎に宛てた電報を結婚式場に送る

秘密の電報を用意する

これは『2.新婦の手紙朗読に新郎宛ても用意する』でご紹介したお手紙という手段に少し近いですが、結婚式の結びには祝電披露という当日新郎新婦宛てに届いた電報を読むという時間があります。事前に心を込めたメッセージを入れた電報を手配し、結婚式場に届くようにしておき、その電報が届くことも担当プランナーにこっそり伝えておきましょう。いつ届くように送ったら良いかも相談するとグッドです。

お手紙だと泣いてしまう人にはピッタリ

祝電披露は司会者が電報を読みご紹介しますので、自分が送った新郎宛ての電報を祝電披露の時に読んでもらうというサプライズですが、お手紙だと泣いてしまいそうでうまく読めないかもしれないと思うご新婦様にはピッタリの方法です。
祝電は通常ご披露宴開宴の前に、新郎新婦で当日届いているものをチェックしますので、そこになかったはずの自分に宛てられた、しかも差出人が隣にいる新婦からの電報と知ると大変驚きます。
また、ゲストの方々も新郎に対する新婦の想いを聞き、感動してくださるようです。

4.突然のダンスで新郎にサプライズ!

影でダンスの練習を行う

ダンスが得意なご新婦様や得意じゃないけど挑戦してみたい!と考えるご新婦様はダンスを披露するというサプライズはいかがでしょうか?自分の知らないところで一生懸命練習してくれたサプライズはご新郎様もきっと感激してくれるはず。

最近はフラッシュモブが人気

せっかくなのでゲストとして参加してくれたご友人にも参加してもらうと良いかもしれません。ご友人の余興のダンスに突然ご新婦様も混ざったり、最近ではフラッシュモブも流行っていますので、フラッシュモブ風のどんどん人が増えるダンスなんていうのも面白いかもしれません。さらに新郎のご両親がノリの良さそうな人でしたら、こっそり協力をお願いするなんていうのも良いのではないでしょうか。

フラッシュモブを業者に頼むのもあり

また、フラッシュモブに関してはそういう演出をしてくれる業者もあります。スタッフにまぎれた格好をしたプロのダンサーさんが突然ダンスを始め、最後にはご新婦様も混ざってダンスをするという手の込んだことも可能です。

5.サプライズムービーを作り、内緒で進行に入れる

手の込んだサプライズがしたい方は…!

これは少し手間がかかることになりますが、一番インパクトとしては強いサプライズになりますので、ご用意できる方にはオススメです。
新郎の友人に頼んでメッセージムービーを作ったり、自分が感謝の気持ちを込めたメッセージムービーにするのも良いでしょう。

新郎にサプライズムービーを制作するときの注意

ご披露宴の進行にもよりますが、5分くらいの内容であれば途中で入れることも可能であることが多いです。もしこのムービーを入れるおつもりであれば、進行のお打ち合わせの時点であまり進行を詰め過ぎず少し余裕を持たせるようにしておくと尚良しです。

芸能人ムービーなども…?

また、少しお金はかかりますが最近では芸能人のムービーなどを頼めるようにもなっています。さすがに全ての芸能人のムービーを入手することはできませんが、それでも様々な芸能人がお祝いコメントをくれるムービーというのがありますので、そういったのも検討してみるのはいかがでしょうか?

せっかくのサプライズを思い出に残すのを忘れないで!

新郎に喜んでもらえるように!と、考えたサプライズ。せっかくなら、結婚式二次会カメラマンにお願いして思い出の写真を残すのもありです。