結婚式二次会・1.5次会専門カメラマン フォトモのブログ
2015.03.30

【新生活】ご近所との関係を良くし、サドルを盗まれない方法

サドル【新生活】のイメージって新しい出会いだったり、新しい環境だったりワクワクすることが多いと思います。もしろん、新居に引越しご近所さんと上手に付き合って、料理のお裾分けをもらったり…なんて想像を膨らませているかもしれません。実は僕もその内の一人でした。

しかし、◯◯をしなかったせいで、そんな妄想は一変。ご近所から軽い嫌がらせを受けていました。今回はそんなギクシャクした関係をご近所さんと築かないためのただ1つの方法をご紹介します。

今まで受けてきたお隣さんからの嫌がらせ

春、新しい環境で出会った人達と一緒に、自分の住居で集まることが何回かありました。もちろん、人が集まれば多少は騒がしくなります。ここで1つの問題が起きました…。

お隣さんとの壁が薄くて音漏れがしている

アパート選びで失敗してしまったのが、壁の厚さです。後々気付いたのですが、しゃべり声ですら聞こえるぐらいの壁の薄さでした(笑) そのため、自分のアパートに人が遊びに来るたびに、お隣さんのストレスが蓄積されてしまっていたようです。

ある日の朝、自分の自転車に乗ろうとしたらサドルが盗まれている

いつも通り、友達が泊まり帰った日の朝、自分の自転車に乗ろうとしたとき、そこには僕のサドルがありませんでした。(歩いている時間はなかったので、サドルがない状態で目的地に向かいました)後日、サドルが盗難に遭ったので、新しいサドルを購入しました。

ある日の朝、サドルが植物化していた

いつも通り、自転車に乗ろうとしたとき…あるモノを見付けてしまいました。

盗難に遭ったサドル

そう、向かい側の家の植木鉢に見覚えのあるサドルが咲いていたんです。過去に【サドルがブロッコリー】になっていることはありましたが、これは斬新です。一緒にいた友達は大爆笑していましたが、僕の内心は複雑な状況でした。

ご近所との関係を良くする方法

何事も最初が肝心

僕が新生活をする人に伝えたいのが、ご近所と良好な関係を気付くことの大切さです。引越しが終えて落ち着いたら、ご近所さんにお茶菓子を持って、挨拶をしにいくことをおすすめします。お互い顔合わせをしておけば、コミュニケーションも円滑になり、僕のようにサドルを盗まれることはありません。