結婚式二次会・1.5次会専門カメラマン フォトモのブログ
2015.01.31

10分でわかる!猫の写真の撮り方と知っておきたい3つのコツ

猫カフェ【初心者】猫の写真の撮り方をご紹介します。

一眼レフカメラやミラーレスカメラだけでははなく、iPhoneやAndroidのスマートフォンでも撮れるコツをお伝えします。

猫好きや猫カフェが好きな人は必見です!

1、今すぐ使える!猫の写真の撮り方と三分割構図

猫の写真の撮り方

猫の写真を上手に撮る方法

どうもこんにちは。意外と猫好きなフォトモです。ちょっと前まで猫カフェに行くのがマイブームでした(笑)実家でも猫や犬を飼っていたり、動物好きです!

今回は『猫の写真を上手に撮りたい!』と思っている方へ、今すぐ使える猫の写真の撮り方をご紹介します。

三分割構図とは?

三分割構図とは、画面の縦と横を3つに区切り分割し、線と線の交点に被写体を合わせる方法です。上の画像の緑の線ように線を引き(等分してあると思ってください)、交点の4箇所のどれかに被写体を置きます。この構図は『黄金分割』とも呼ばれ、バランスが取れ、安定した写真を撮ることができます。

デジタルカメラやiPhoneやAndroidのスマートフォンの場合、『グリッド』機能をONにすれば、液晶画面に三分割された線が表示されます。

iPhoneでのグリッド線の設定方法

iPhoneの設定アプリから『写真とカメラ』を選択し、『グリッド』をONにすればできます。

Androidのスマートフォン(SC-03E)でのグリッド線の設定方法

『カメラ』アプリを起動し、『設定』の中の『補助グリッド』をONにすればできます。

意識するだけで写真が変わる三分割構図

具体的にどのように三分割構図を使うのかご紹介します。4箇所の交点のどれかに被写体を置いて撮ります。今回の場合は右上の交点に、猫の目がちょうど重なるように置きました。こうすることで、バランスの取れた写真になります。

また、被写体(猫)の向いている方に空間を空けてあげるのもポイントです。今回の場合は猫が左側を見ています。ですので、左側の空間を空けてあげるように撮ると、よりバランスの取れた写真を撮ることができます。

三分割構図を応用したワザ

上の画像では、右上の1点のみに被写体を置いて撮影しました。もし、被写体が2つある場合は、4点のうちの対角線上の2点に置くのも効果的です。例えば、料理の写真を撮影するときなどに、左下の交点にパスタ(メイン)を置いて、右上の交点にサラダ(サブ)を置いて撮影すると、手前のパスタが引き立ち、おしゃれな感じに料理を撮ることができます。

2、置きピンを使って、猫の写真を撮影する方法

猫のあくび

置きピンとは?

猫の決定的瞬間を逃した!!』そんな悔しい経験をしたことはありませんか?猫など常に動いている被写体を撮影するのは難しいです。動物やスポーツなど、動きが早いときはピントも合わず、なかなか思うように写真を撮ることができません。

そんな決定的瞬間を逃さない撮り方が置きピンです。置きピンとは、ある場所に被写体が来たときにシャッターを切ることを予め決めておき、被写体が来る前にピントを合わせておくという撮り方です。動きのある被写体に対して、置きピンは威力を発揮します。

半押しピントを利用して撮影する

普段私たちは、ピントを合わせる→シャッターを切るという流れで、写真を撮影しています。半押しピントとは、シャッターのボタンを半押した状態を維持し、ピントを予め合わせておく撮影方法です。(※半押しは一眼レフカメラやミラーレスカメラのみになりますが、iPhoneやAndroidのスマートフォンでも、ピントを合わせたい部分を予め液晶でタッチしておくと、似たような撮影ができます。)この半押しピントを使い、被写体の動きを予測することで、ベストなタイミングで写真を撮ることができます。

例えば、電車を撮影する場合、電車が通る場所(路線)などに予めピントを合わせ、電車が見え始め…予めピントを合わておいた場所に、電車が来た瞬間にシャッターを切ります。カメラでピントを合わせる時間をカットできるため、シャッターを早く切ることができます。

この『あくびをしている猫』の写真は予め猫の顔に半押しでピントを合わせておき、あくびをした瞬間にシャッターを切りました。他には猫がジャンプしている瞬間なども、同じ要領で決定的瞬間を撮影することができます。

3、被写体(猫)と同じ目線で写真を撮影する

猫のしっぽ

いつもとは違う世界で、猫の写真が撮れる

人間と猫の高さを比べると、圧倒的に人間の方が背が高いですよね?高い場所から低い場所に向かって撮るパターンもありですが、同じ目線で撮影してみると面白い写真が撮れたりします。今回はこの『だらしない猫』を同じ目線で撮影しました(笑) 僕が驚いたことは、この猫は人間と同じようにうつ伏せの状態でくつろいでいたことです。人間と同じように、色んな猫がいるんですね(笑)

例えば、赤ちゃんを撮るときなども、しゃがんで撮るのだけではなく、同じ目線、もしくはうつ伏せの状態で撮影してみても面白いかもしれません。

さいごに

猫カフェ

『猫の写真の撮り方と知っておきたい3つのコツ』を読んでみてどうでしたか?すぐに実践できる猫の写真の撮り方もあったと思うので、是非使ってみてください!因みに今回載せた猫の写真は、全て『猫カフェ』で撮影した写真です。ほとんどの写真は『猫カフェきゃりこ 新宿店』で撮影しました。約40匹もの猫がいるので、猫好きの方は一度行ってみるといいかもしれません。


  1. プロから聞いた!今すぐ実践できる写真の撮り方と5つのコツ より:

    […] iPhoneやAndroidのスマートフォンのグリッド線の設定は、『10分でわかる!猫の写真の撮り方と知っておきたい3つのコツ』で詳しく紹介しています。 […]

-->